Design by H.Obata

 4月20日の第72回例会における森本宏明氏のリサイタルが開催されました。第1部では10名の会員の演奏も皆さんレベルの高い力演揃いで、とても楽しめました。この中からまた新しくピアニストがデビューしていくことで楽しみです。

 森本宏明氏のリサイタル、弾き始めて、まず抜群の演奏の安定感がテクニックの深さを感じさせた。それと今回はお得意のロマン派の代表的なリストとショパンの作品を変幻自在なダイナミックな演奏にため息が出るような感動を全員が味わったことですね。さすがにフランス仕込みの味わいでしょうか、栃木県出身にこんな素晴らしい技術と音楽性を備えもった実力派ピアニストがいることに不思議なくらいの感慨と感動を覚えたところです。今後の益々の活躍を祈ると同時に、また近いうちに小山の地でコンサートを聴きたいというのが皆さんの希望でした。今回比較的ポピュラーなプログラムが多かったことも好感度が高かったと思います。

今回、事前に多くの新聞各社が記事やコンサートガイドで取り上げてくれたので私宅にもかなり問合せ電話があったことも大きな手ごたえを感じました。80名以上の一般客の皆さんがご来場して、さらにケーブルテレビの放映用に収録されたことも特筆すべきことですね。






毎日新聞 4月3日(木)


 とちぎ読売 4月16日(水)