2月22日(日)は飯塚美由記クラリネット・リサイタルをおこないました。

 飯塚美由記さん(クラリネット)、高鳥舞さん(ピアニスト)とのDUOコンサートは以前に、
小山市役所公民館で聴かせていただいておりました。とても素晴らしい高度な演奏で大感動、
それでは当会でも二人のリサイタルをということでお願いしこの度の実現になりました。

 フランスへの留学で腕を磨いた、珠玉のクラシック演奏で、「フランス音楽でお洒落なおもてなし」を
キャッチフレーズに、とても楽しい出色の企画ですね。
クラリネットのリサイタルはありそうで、実はなかなか珍しい。
あとで聞いてみるとお客様の大部分の方がクラリネットのソロは実は初めて聴いたようで、
ソフトな美しい音色でとても癒され魅了された、是非また聴きたいという感想でした。
ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女や、エリックサテイのジムノペデイなどお馴染みの名曲をはじめ、
とても美しい心に染みる音楽を聴かせていただきました。
トークも楽しくて、全体を暖かく包んでくれて嬉しいですね。
ピアノも、今一番旬の若手ピアニスト高鳥舞さんの伴奏・ソロともに演奏が光ったことで4月5日(日)開催予定の
高鳥舞ピアノリ・サイタルもとても楽しみです。

一方第1部の会員の演奏も、今回はポピュラーピアノの演奏もあり、夫々力演で楽しかった。

プログラム  :   http://hob.web-service.jp/kiriku3.htm

今回も、マスコミ新聞社のご協力と、演奏者の集客ご努力により70名以上の集客があり、盛会でした。

皆さん至福の日曜午後のひと時を過ごされたことで、大成功でした。
皆さん有難うございました。

尚、本ホールは消防法による入場人数規制があります。入場無料のためチケット販売などによる入場者数の
コントロール・把握が困難なため、常に7・80名の入場者数をメドに集客しております。






   読売新聞 2月13日                        よみうりタイムス  2月20日