Photo & design by H. Obata

5月9日 高溝正ピアノ・リサイタル
 那須塩原市在住の当会の会員ピアニスト高溝正さんのピアノ・リサイタルは予定どうり開催され盛会裡に終了しました。さすがに幾多の全国コンクールなどで入賞し、現在活躍中のピアニストの演奏は凄い。
今回はお得意のロマン派のリストやショパンを中心としたプログラムで、それに加えてバッハやラフマニノフを大変安定したテクニックと高い音楽性で聴衆を魅了した。氏の人柄を表す知的な解釈が織成す重厚で格調の高い組立て、難曲を難なく弾き抜けるなどまさに豪腕です。優雅なバッハから始まって、リストの巡礼の年歴、お得意のラフマニノフはさすがに聴かせどころです。夫人とのモーツアルトの連弾も楽しかった。圧巻はやはりショパンのバラード1番、クライマックスの大崩落を思わせるフイナーレを受けて続く大拍手。その後のアンコール曲もショパンの別れの曲やシューベルトのモメントミュージカルなどおなじみの曲でほっと興奮を収めるあたり、プログラム構成も絶妙でした。

 一方、第1部での6名の会員の演奏もさすがに当FANTASIAの会10周年の実績を踏まえたベテランの熱演で出色の演奏でした。会場は入場者は50名程度のサロンコンサートという感じで常連のお客様も多く、5月の日曜日の午後・至福の時を共に楽しみました。
当日のプログラム

当日は小山ケーブルTVの収録もされ、近日中に毎日午前午後の2回の放映がされる予定で楽しみです。
プロ用の機材により放映用に編集されたDVD(NHKのテレビリサイタルと同レベルの仕上がりです)を記念に
戴けるのが魅力の一つです。

 



 

4月23日、4月30日 読売 新聞              4月22日 下野新聞